よくある質問

よくある質問

チャイルドシートをつけないで子どもを乗せた場合、罰金や減点の対象になるの?

幼児用補助装置使用義務違反は点数1点で反則金などはありません。
使用の義務が免除される場合があります。
道路交通法施行令 第二十六条の三の二 で 3 法第七十一条の三第三項 ただし書の政令で定めるやむを得ない理由があるときは、次に掲げるとおりとする。

 

一 、その構造上幼児用補助装置を固定して用いることができない座席において幼児を乗車させるとき(当該座席以外の座席において当該幼児に幼児用補助装置を使用させることができる場合を除く。)。
二 、運転者席以外の座席の数以上の数の者を乗車させるため乗車させる幼児の数に等しい数の幼児用補助装置のすべてを固定して用いることができない場合において、当該固定して用いることができない幼児用補助装置の数の幼児を乗車させるとき(法第五十七条第一項 本文の規定による乗車人員の制限を超えない場合に限る。)。
三、 負傷または障害のため幼児用補助装置を使用させることが療養上または健康保持上適当でない幼児を乗車させるとき。
四 、著しく肥満していることその他の身体の状態により適切に幼児用補助装置を使用させることができない幼児を乗車させるとき。
五 、運転者以外の者が授乳その他の日常生活上の世話(幼児用補助装置を使用させたままでは行うことができないものに限る。)を行つている幼児を乗車させるとき。
六、 道路運送法第三条第一号 に掲げる一般旅客自動車運送事業の用に供される自動車の運転者が当該事業に係る旅客である幼児を乗車させるとき。
七 、道路運送法第七十八条第二号 または第三号 に掲げる場合に該当して人の運送の用に供される自動車(特定の者の需要に応じて運送の用に供されるものを除く。)の運転者が当該運送のため幼児を乗車させるとき。
八 、応急の救護のため医療機関、官公署その他の場所へ緊急に搬送する必要がある幼児を当該搬送のため乗車させるとき。

  • メンテナンス修理
  • 適合車種を調べる
  • チャイルドシートについて
  • 動画で見る取り付け手順
  • カタログ
  • 「中の人」ブログ

pagetop